Skip to main content

ブロックスハントの開発者Aqualotlのインタビュー

2月

27, 2020

by coberst


クリエイター

Aqualotlを紹介するのに、「多忙な人」というだけでは到底足りません。人気のかくれんぼゲームブロックスハントの制作者Aqualotlは、プログラミングへの情熱に満ち溢れ、それをキャリアに変えた人物なのです。彼は現在、大学でコンピュータサイエンスを学びながら、フルタイムでRobloxのゲーム開発を行っています。このインタビューでは、コミュニティの重要性や、彼のような開発者が数億人におよぶ世界中のプレイヤーの注目を集めるために、AndroidやGoogle Playをどのように活用しているか紹介してくれます…

自己紹介をお願いします。Robloxのプラットフォームでゲーム開発を始めたきっかけは?

Aqualotl:中学時代の友達から、2009年にRobloxを紹介してもらったんだ。Robloxでいろんなゲームがプレイできるのが気に入って、ずいぶん一緒に遊んだよ。1年ぐらいして、Robloxで自分でゲームも作れるということを知って、ますますこのプラットフォームに興味を引かれたんだ。

コンピュータプログラミングへの情熱と、Robloxのゲーム開発の簡単さのおかげで、ゲーム開発者としてのインスピレーションが膨らんでいったんだよ。今はミルウォーキー州のウィスコンシン大学でコンピュータサイエンスを専攻しているけど、Robloxでフルタイムのゲーム開発をやっている。

Robloxの開発者として、どんなスキルが身に付きましたか?

Aqualotl:たくさんだよ!Robloxのおかげで、新しいプログラム言語やプラットフォームを覚えていくための、しっかりとした下地を身に着けることができたんだ。RobloxはLuaスクリプトを使っていて、初心者にとってもとっつきやすいし、このプラットフォーム以外で他の言語にも入っていきやすい。僕自身の経験で言えば、Luaのプログラミンミングを経験したおかげで、新しいプログラム言語をたくさん覚えることができたし、それが、大学でとても役に立っているよ。

それ以外に学んだことといえば、チームで作業する際には計画が必要だということだね。日々の作業を記録を残したり、進捗を管理するのに、Trelloのような組織向けのウェブサイトを使っている。各メンバーがゲームの様々な分野の作業をしなければならないけど、プログラムやワールドを構築していく上で競合が発生しないようにしないといけない。

あとは、Robloxはコミュニティがすべてだということ。ファンのことを理解して、みんなが喜んでくれるものを作るためにベストを尽くすことが、とても重要なんだ。

ブロックスハント

友達やご家族は、Robloxのことをどう思っているのですか?

Aqualotl:始めの頃は、両親から白い目で見られていたよ。時間を費やしすぎだって思われていたんだ。両親の意見が大きく変わってきたのは、RobloxでDeveloper Exchange (DevEx)プログラムが始まって、制作したゲームでお金がもらえるようになってからだよ。かつては時間泥棒でしかなかったウェブサイトが、僕のフルタイムジョブになったことに、両親は驚いているよ。僕の実績を誇りに思ってくれているし、すばらしいチャンスに巡り合えたことを喜んでくれている。弟と一緒に自分たちの開発グループSilver Fin Studiosを作って、チームでゲームをいくつかリリースする予定なんだ。でも自分としては、何でも1人でやってしまう傾向があって、自力で困難を乗り越えて完成させるのが好きなんだ。

Robloxの開発者になった結果、どんなチャンスに巡り合えましたか?

Aqualotl:Robloxの開発者としてたくさんのチャンスを貰えてすごく幸運に思っているよ。一緒に仕事できるなんて夢にも思っていなかった会社と、一緒に仕事をしたんだ。何年も一緒に作業した開発者と親友にもなれたしね。個人的には、Robloxの開発者コミュニティの結びつきがすごく強いことが、とても気に入っているんだ。みんな協力的だし、サポート精神にあふれているからね。Robloxのスタッフメンバーにも、これまでフィードバックをもらったり、他では得られないサポートをしてもらったりと、いつも助けてもらっているんだ。 

「ブロックスハント」の成功に、AndroidやGoogle Playはどのような役割を果たしましたか?

Aqualotl:僕の目標は、言語、年齢、デバイスの種類を問わず、すべてのプレイヤーが魅力的だと感じてくれるゲームを作ることなんだ。自分のゲームをAndroidのデバイスでプレイできるようにすることは、大きなプラスになったよ。トータルのプレイヤー数が増えただけではなくて、みんなが外出中も僕のゲームを楽しんでくれているということだからね。

ブロックスハント

ゲーム以外では、どのような生活の変化がありましたか?

Aqualotl:Robloxのおかげで、生活が大きく変わったよ。これまでの3年間はパートタイムで作業してたけど、今は事業主としてゲーム開発にフルタイムで専念するようになった。Robloxの売り上げで、車のローンも払い終わったし、エンバーっていう名前のラブラドールも買ったんだ。現在は、大学の学費を払いながら、自分の家で暮らしているよ。自分の開発スタジオを設立して、株式会社にしようと計画しているところさ。Robloxは、かつては自分の将来への第一歩であったのと同様に、おそらくこれからも僕の人生の一部でありつづけると思うよ。

Robloxでのゲーム開発に興味を持っている人に、何かアドバイスはありますか?

Aqualotl: 最初はキツイかもしれないけど、最終的には、身につけたスキルが役に立つはず。悩むことがあったら、遠慮せずにコミュニティで解決策を探すといいよ。Robloxは、Developer Hubにチュートリアルやサンプルもあるし、僕はいつも参考にさせてもらっているよ。


お話いただきありがとうございました、Aqualotl!意欲にあふれた開発者が、Robloxでのゲーム開発をきっかけに、コンピュータサイエンスの分野でキャリアを重ねているのはすばらしいことですね。Roblox、またはTwitterで@Aqualotlをフォローして、Aqualotlの今後のプロジェクトをぜひチェックしてください。