Skip to main content

子供がゲームをプレイしていてイライラする理由とは?

3月

12, 2020

by coberst


デジタル・ウェルビーイング

このブログ記事は、デジタル・ウェルビーイングとプレイがどのように強固なオンライン市民を育成するかについての連載の一部です…

ゲームは楽しむためのものですよね? 子供の年齢によって、「楽しんでいる」とはいえない行動するをするのを見たことがあるかもしれません。 叫んだり、コントローラを投げつけたり、イライラして怒鳴ったりまでしているかもしれません。 これは、確実に健全であるはずがありませんよね?

オンライン上でゲームをプレイすることは、子供たちが一回の遊びの最中にさまざま感情を経験する公園での遊びと何の違いもありません。 競争の側面があるほとんどの事柄は、短期間の怒りの感情につながりますが、次はもっと頑張って相手を負かそうという欲求にもつながります。セリーナ・ウィリアムズやクリスティアーノ・ロナウドのようなトップのスポーツ選手に見られるような情熱を考えてみてください。

大切なことは、このような感情に本人が対処できるように子供に教えることです。 短時間の感情の爆発なら大丈夫でも、常にストレスを感じる状況で生きることは誰にとっても非常に疲れることです。 こちらは、子供が自分の感情を常にコントロールするのに助けになる6つの事項です。

1.「気を取り直しなよ」とか「そんなに怒らないで」というようなことを言いたい気持ちは分かりますが、言わないようにしましょう。 簡単にそのスイッチを切ることはできないと思いますよね? 感情をエスカレートさせないために子供にとって有効な戦略を考えてください。 例えば、5から数をだんだんと減らしてカウントしていったり、指からエネルギーが抜けていくイメージをさせましょう。

2. もし、子供がプレイしているゲームが非常に競争が激しいものであれば、定期的な休み時間を取ることや他のストレス度が低いゲームに切り替えることを提案したりしましょう

3.何を許可するかに限度を設ける。 子供は一人一人違います。そして、子供の中には対戦で負けて一瞬、イラッとすることは問題ないという子もいます。 しかし、長い時間続いたり、負けるたびに起きるとしたら、対応が必要です。 子供の怒りが問題になるまで待ってはいけません。

4.本人の能力に適切なゲームについて話しましょう。 もし、子供がもっと経験を積んだプレイヤー向けのゲームをプレイしていたら、本人がまだプレイする準備ができていないものをやろうとしている可能性があります。 「継続は力なり」ということを知ることも助けになります。子供にもう少しシンプルなゲームを練習させて本当に上手になったら、ある基準に達すると次のレベルに進むときにスムーズに移行できるという期待を持たせることができるかもしれません。

5. もし、他のプレイヤーに動揺させられるようなことがあったら、子供がその状況に対応できるように教えてあげてください。 他の子供が意地悪をしているのでしょうか? ルールを破っているのでしょうか? おそらく、よりよいプレイ時間を過ごすために子供の交渉スキルが養われるように教えることができます。

6.いつものように、子供やティーンにとっていい規範となってください。 もし、あなたがオンライン銀行のパスワードを忘れるたびにカッとなる場合、お子様はその反応が適切なものであると考えるかもしれません。

すべての感情は健全で怒りは自然なものだということを覚えておきましょう。 子供やティーンにこういった感情を認識してから対応するツールを与え、消化してから先に進むようにさせることは、オンラインとオフライン世界の両方をナビゲーションするために必須スキルを養うのに役立ちます。