Skip to main content

デジタル上の礼節についての2020年のハイライト

12月

17, 2020

by Laura Higgins


デジタル・ウェルビーイング

2020年は今までにはないような年でした。 地球規模のパンデミックは、大勢の人々がステイホームさせられ、職場や学校、友達や家族から強制的に離れることを余儀なくさせられました。 そのお陰で日常生活をかなり乱されてしまいましたが、適応する方法も見つけていきました。 人々は、ビデオ会議のファミリーチャットのようにネットを通じて新しい方法で繋がり、リモートで学習や勤務をして、一緒に遊んだり交流する空間を創り出しています。 Robloxは、これまで世界中の人々を繋ぐのに有益であり、当社のコミュニティはお互いをいくつもの方法でサーポートし合ってきました。 こちらは、コミュニティと教育者、保護者、そして業界全体と協力することに焦点を置いてポジティブで健全なオンライン体験を促進するための当社のデジタルシビリティ計画のハイライトの一部です。

繋がりと友情を可能にする

Robloxは、才能ある開発者コミュニティによって制作された何百万もの素晴らしい体験とゲームを誇りを持ってサポートし続けます。 これらのゲームのうちの一部は、大きな節目を迎え(「アダプトミー」は、訪問数が150億回を超えました!)、多くのゲームが人々にとって友達や家族と安全に一緒に過ごし、 誕生日イースターなどの他の祝日、または 感謝祭を祝う場所となりました。 当社のプライベートサーバーにを利用して自分たちのイベントを作れます。

コミュニティメンバーの一人が以下を共有してくれました。「大勢の人にとって、実際に会わずにオンライン上でコミュニケーションしたり、一緒に時間を過ごすことは違うことに思えるかもしれませんが、私はRobloxを通じてオンライン上で日頃から何年にも渡って人と話して友情を育んできたので、私にとってはごく普通のことに感じました」。

教育

当社の教育チームは、この新しい状況に適応しようとしていて、既存のカリキュラムにRoblox Studioをどうすれば導入できるかを学ぶことに熱心な教師たちのための一連のウェビナーを含むリモート学習をサポートする素晴らしい資料を作成しました。 これらのウェビナーの一つはデジタルシビリティとオンラインの安全性についてのもので、このセッションがaYouTube上だけでも30万回近くも再生されたことを嬉しく思います。 さらに、仕事で当社のカリキュラムを積極的に使い始めた教師たちからフィードバックを聞きました。 この成功に触発されて、このチームは教育者が生徒を進行中の対話に巻き込み、長期的な安全性とシビリティスキルを身に付けさせるように促すことができる6つのセッション(20時間分のコンテンツ)をフィーチャーした新しいデジタルシビリティ カリキュラムを作成しました。 カリキュラムの中には、信頼できない情報をプレイヤーが見つけるための楽しい宝探しがあり、これは300万回以上プレイされています。

コミュニティの声に耳を傾ける

Robloxの核となる価値観の一つは、コミュニティを尊重することです。 その精神で、当社はコミュニティが経験していることやニーズを理解するために意見を聞く方法を見つけたかったのです。 当社は、コミュニティを代表することに情熱を持ったRobloxのプラットフォーム上で長時間過ごす若者たちの小さなグループと定期的にミーティングをするために「サウンディング・ボード」を立ち上げました。 当社は、安全性と礼節に関する話題について対話し、当社に知っておいて欲しい内容を共有する機会を提供しています。 当社は、すでにこのミーティングから出たアイディアを他のRobloxチームに提供し始め、そこから出た提案の一部をどのように導入できるかを検討しています。

当社は、より大きなコミュニティを対象として2つのアンケート調査を実施し、そのうちの一つでは保護者が子供やティーンのオンライン上の生活で何を理解すべきかについて調査し、5月に実施したもう一つの調査では、コミュニティに対して パンデミックの自分自身とオンライン上での生活へ与えた影響について聞きました。 当社にとって画期的な内容は、人々は身を乗り出して people leaned into パンデミック期間中の新しい体験 をして、新しい友達を作っていたことです。 このような新しい関係がパンデミック収束後も続くことを望みます!

安全で礼節ある差別のないコミュニティの醸成

当社の優先事項の一つであり続けることはコミュニティの安全 です。 当社には、プレイヤーがRoblox上で確実に安全に学び、制作し、プレイすできるようにする責任があります。 当社は、安全性に関する資料をフランス、イギリス、アメリカのパートナーと共に作成し、ドイツ語の安全ガイドも作成しました。これからも引続き、世界中の団体と連携する方法を探りながら、安全性に関して家族をサポートするために努力を続けていきます。

学校の友達と話すのにRobloxを使っている反響を伝えてくれるメンバーの一人の話を聞けたことは素晴らしいことでした。 彼らが言ったことは、「ネット上の世界は楽しい冒険だけど、ときどき迷子になることがある。Robloxチームが24時間体制で僕たちを守ってくれていると知って安心した」ということでした。

みんなが受け入れられている差別のないコミュニティを構築するという当社の使命の一環として、当社のポリシーとシステムをアップデートしました。 ジョージ・フロイドの死の後、私たちは黒人コミュニティを支持する世界的な運動を目の当たりにしましたが、当社の創立者でCEOのデヴィッド・バズーキは、ブログ記事で当社の価値観を共有し、Robloxは誰もが歓迎されているように感じる場所であることを明確にしました。 Robloxのようなプラットフォームは、人々が礼節を学び、実践するのを助けるのにカギとなるもので、世界中の人々の間でポジティブな関係を醸成する環境を構築するという当社の使命において当社は揺るぎません。

2021年に向けて、当社の優先事項は幸福(すべての形の)であり、コミュニティを安全で健全でポジティブなものに保つために、みなさんが当社を助力できるようなツールを提供することです。