Skip to main content

年齢認証のご紹介


テック

当社のコミュニティが地球規模で年齢的にも(2021年の第2四半期の時点で当社のプラットフォーム上の50%近くのユーザーが13歳以上)拡大するにしたがって、みんなが安全で礼儀正しく自己表現できるようにしたいと考えています。 ユーザーの年齢とアイデンティティを確信できていることは、メタバースで安全性と礼節を保つことにおいて不可欠な土台となります。 当社は、ユーザーのプライバシーを常に尊重しつつこれを成し遂げる新しい革新的な方法を開発しています。

Robloxのプラットフォーム上でこれを実践する一つの方法として、ユーザーのための新しいオプトイン方式の年齢認証を使うことが挙げられます。 この新しいサービスによって提供できるのは、

  • 年齢相応のコミュニケーションです。 この秋、少なくとも13歳以上であることを確認したユーザーの方々全員が現在は開発者ベータ版の限られた段階にあるスペーシャルボイス(Spatial Voice)をいち早く利用できるようになります。 公開ベータ版が利用できるようになったときにスペーシャルボイスに早くアクセスする資格を得るには、年齢認証を完了してください。 こちら。. 年齢認証は、だんだんとユーザー全員が使用できるようにしていくので、お持ちのアカウントにこのオプションが現れるまでしばらく時間がかかるかもしれないのでご注意ください。
  • 開発者とクリエーターのための新しいワークフローと機能。 年齢相応の体験を提供することに加えて、開発者とクリエーターはRobloxプラットフォーム上で共同作業する相手を探すときに、信頼性の指標として本人確認を使うことができます。 認証済みのステータスがあることで、開発者やクリエーターが本人であることをコミュニティに知らせることができます。

仕組みについて

年齢認証には、2つの段階があります。 まず、本人確認書類のチェックがあり、その次に自撮り(セルフィー)合致があります。 Robloxアプリ上でユーザーは、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類をスキャンすることから始めます。 Robloxは、高度な画像処理テクノロジーを使用して書類が本物かどうかを認証します。

そこから、ユーザーは自撮り写真を撮影するように指示を受け、「生体(ライブネス)」判定と「類似性」(ライクネス)判定を受けます。 生体判定(ライブネス判定)は、自撮りをしている人が生きた個人(人物を写した静止画ではない)ないことを確認し、類似性判定では自撮りに写っている人が本人確認書類に掲載されている顔写真と同一人物かを確認します。 このプロセス全体が自動化されており、画像がキャプチャされてから結果が出るまでに数秒しかかからないことが多いです。

皆さんに覚えておいていただきたいのは、当社はコミュニティの安全性とプライバシーを深刻に受け止めており、Robloxは実際の本人確認書類も自撮りのデータも保存しないということです。. 認証のために政府発行の本人確認書類をスキャンする際、非特定化された値が生成され、ユーザーの本当のアイデンティティを晒すリスクを冒さずにRobloxが安全に本人確認をすることができるようになります。

年齢認証サービスは本日、2021年9月21日 から開始し、これから数週間にわたって、だんだんとユーザーの方々にお使いいただけるようになります。 このサービスは世界中で政府発行の本人確認書類またはパスポートをお持ちの13歳以上の方々全員を対象に180ヶ国以上でモバイルとデスクトップパソコンでご利用できます。

年齢認証の開始は、信頼性が高く、楽しく、礼節のあるみんなのためのプラットフォームを築くという当社の長期的なビジョンの実現における大きな節目となっています。 そのビジョンの一環として、当社は常にユーザーのプライバシーを尊重しながら、ユーザーの年齢を確認する隙のない方法の実現に取り組み続けます。 これからも、当社はユーザーがRobloxプラットフォーム上で簡単で安全に自分のアイデンティティを保持しながら保護し、新しい没入型ソーシャル機能をアンロックし、一緒に素晴らしい体験を制作して楽しむ革新的な方法を新しく導入していきます。